So-net無料ブログ作成
検索選択
チョーナン年長 ブログトップ

誕生日当日 [チョーナン年長]

24日は早朝に出発の夫だったが、カケルは起きて行ってらっしゃいが言えた。
夫も直接「誕生日おめでとう」と言えてよかった。

幼稚園にお迎えに行くと「みんなが誕生日おめでとうって言ってくれた」
「誕生日っていいもんだね~」「マリー先生はハッピーバースデーって
言ってくれたよ」と笑顔で報告してくれた。

誕生日当日、二人でしっぽりという年齢でもないので
カケルと仲良くしてくれてるお友達限定2組(階下問題あるから)に
来ていただき、キルフェボンのケーキで誕生会。
DSC02863.JPG

「カケルが生まれた日というのはお母さんがカケルを産んだ日でもあるんだよ」
とカケルに言ったら「???」てな顔で「生まれた日って意味わかんない」だと。
その後説明してわかったのが「たんじょうび」というイベントが「自分が生まれた日」
だということとリンクしてなかった、ということ。

6歳(115cm 20kg)、、、まだまだ子どもデシタ[あせあせ(飛び散る汗)]
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:育児

6歳の誕生日 [チョーナン年長]

誕生日絡みの週末はてんこ盛りなスケジュールだった。

21日(金)は夫がスウェーデンから帰国する日だというのに
私は以前勤めていたRISOの皆さんと久しぶりの宴会!
会場を恵比寿にさせていただいたのでだいぶ、助かりました。

22日(土)夫とカケルは宇都宮に向かい午前中に出発。
私は前の記事に書いた通り東京宝塚劇場に向かう。

私は夫の母と過ごし、夫は私の母と過ごした半日。
こういうことができるのはとってもいいことだなぁと、じんわり思う。

19時に宇都宮の「海蔵」でカケルと姉の誕生会開始。
19:45東京宝塚劇場から直行で私が合流。
20:00姪も合流し、私の実家のみなさんと乾杯!
DSC02846.JPG
この時すでに、おばあちゃんからは「白い魔法使いドライバー」を
いただいていたカケル。

仮面ライダーウィザード 変身ベルト DX白い魔法使いドライバー

このお店で更に、仮面ライダーのTシャツ2枚とキョウリュウジャーの本を頂く。

実家に戻ると「サンタ、来た?」てくらいの大きな袋が鎮座なさっている。

私が宝塚鑑賞してる間にカケルは夫とトイザラスに行き
プレゼントを自分で選んできたとのこと。

基本的に大きいもの、電子音の出るものはNGと私のルールがあるのだが
幼稚園最後の誕生日と思うと「ずばり、のおもちゃ」でもいいかな、と了承。
夫が「これはどう?」「こっちもあるよ」とリードしてとんだ大物となった次第だ。

いますぐ開けたいカケルを制するのは大変だったがさすが6歳、
なんとか聞き分け、そのプレゼントは日曜の夜までお預けとなった。

23日(日)
私の祖母の47回忌法要。カケルをそれに付きあわせるのは本人ばかりか
親も大変なので夫に連れ帰ってもらうことにした。クルマで駅まで二人を送り
「お母さんは後から帰るね」とバイバイ。
思えばこんなこともできるようになったのか、と思う。理解できてるんだね。

栃木のお寺で法要のあと、食事会。
祖母の産んだ子ども4人が全員揃って法事ができた、というのもいいこと。
食事は栃木駅近くの「とみ山」めっちゃ、美味かった~~

16:00食い逃げ状態でスペーシアに乗り帰京。
「家で誕生会やりたい」とカケルのリクエストだったので買い出しして帰宅。
DSC02854.JPG
食事終わり、ケーキでお祝いした後、待ちに待ったプレゼント渡し。
DSC02861.JPG
こんな笑顔に出会えるなんて。
親の都合では本や知育玩具あげたかったけど、やっぱりオモチャで良かった!

誕生日は24日だけど、夫がまた24日から出張なので一日早い誕生会デシタ。

おめでとう、カケル。
ありがとう、カケル。
また来年も同じ笑顔を見せてね[ハートたち(複数ハート)]
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:育児

レゴランドの対応 [チョーナン年長]

幼稚園のお友達9組でレゴランドに行った。
ブロックのLEGOが作った屋内アミューズメントパーク。
春休みだけあってすっごく混んでて入場だけでも1時間待ち。
←時間指定チケットを購入しておけばそれほど待たないのだが
当日キャンセルができないので覚悟の上で10時から並んだ。

レゴ自体にそんなに熱いタイプではないカケルは
身体を使って遊ぶ「レゴシティ・プレイゾーン」でずっと遊んでいる。

靴を脱いで遊ぶ場所なのでとにかく靴が散乱してる。
ちゃんと揃えて脱いでも次に来る子たちにはじかれてバラバラに。
靴を入れる場所もあるが全然使えないほどあふれてる状態。

ランチの席確保も大変な思いをしてなんとか着席できた。
てくらいにとにかく混雑してる。

1歳の子どもも一緒に行っていたため、少し小さい子が遊ぶ
「デュプロ・ビレッジ」でも遊んだりした。

30分くらい遊んだだろうか、皆が映画を観に行くというので
うちも同行しようとしたら「靴がキツイ」とカケル。

どれ?
と見てみたらとりあえずカケルが履いてた靴より新しくぱりっとしてる。
サイズ表記見たら17cm。カケルの靴は19cm。
ナイキのまったく同じ色・デザインのサイズ違いを履こうとしてたのだ。

19cmのカケルの靴を探したが、ない。
手元にある17cmのナイキを掲げ
「この靴の子、いますかー?この靴のお子さんいらっしゃいますかー?」と
そこで遊んでる親子に聞いたが該当者はいないようだ。

得意のデカイ声で何度も聞いたので間違いないだろう。
17cmの子が19cmの靴を履いて行ってしまったということだ。

状況を理解したカケルは大泣き。
気持ち、わかる。
5歳の子が自分の靴が無くなったというだけで不安だろうし
ましてやそのナイキは本当に気に入っていた特別な靴。

レゴランドのスタッフに事情を話し、捜索してもらいつつ
私は私でとにかく靴を探しに走った。探しまくった。

映画を見てる人かも、と映画2順待ったが、いない。
靴を脱ぐアトラクション2か所くまなく探したが、いない。
とにかくランド内の靴という靴を見まくったが、ない。

もう帰宅したかもしれない。
息子は気づかずともお母さんなら2cmデカかったら気づくだろうな。
でもお兄ちゃんいたら気づかなかったりして。
だけど新しさが違うからそこで気づかないかな。
2cmも大きい靴だと転んじゃうんじゃないかな。

などと考えてもカケルの靴はすぐには戻ってこない。
当然帰宅にも困るわけで。

そしたらレゴランドのスタッフが「こちらを履いてお帰りください。
返却してくださらなくて大丈夫です」と靴を用意してくれた。
DSC02588.JPG
見たら新品。これ「今、買ってきた」ものだと思う。
テイストも似てるし。

あとはこだわり男のカケルが納得してくれるかどうかだったが
ピッカピカのその靴履かせたらニッコニコのご機嫌でいきなりダッシュ。
ビッと止まってグリップ確認。「これ、速く走れる」と大満足。
レゴランドのホスピタリティに私も大満足[わーい(嬉しい顔)]

とても丁寧に対応してくださったスタッフにお礼を言いに行き無事帰宅。

とはいえナイキはナイキで本当に気に入ってるので捜査継続中。
誰かこの17cmの靴で4月4日にレゴランド行った人いませんか~?
DSC02587.JPG
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:育児
チョーナン年長 ブログトップ
メッセージを送る