So-net無料ブログ作成
検索選択

初スケート [チョーナン年中]

2年くらい前、カケルとスケート行ってみようという話が出た。
しかしその年、左膝前字時靭帯断絶にてスケートができない身体に。
昨年も「行ってみようかなー」とか考えてみたけど、リハビリの先生に
聞くまでもなく絶対だめだろなーと断念。

今シーズンは何かできそうな気がしてひろみと約束。
で、行きましょうって話になった途端、シャンパングラスで指やっちゃって中止。

年明けて、ひろみがリコとスケート行く約束をキャッチ。
指はもう何とかなりそうだったので合流の申し出→快諾で
その日を楽しみにしていた。

で、その日が来た。
2013年成人の日。

そう、しばらくは記憶に残るであろう東京エリア、びっくりの大雪の日~。

昼過ぎからもの凄い吹雪になってたけど私から「やめる」とは言えず強行。
ふたを開けてみたら、ひろみもリコもしっかり出かけたもの情報。

山手線乗ったら渋谷で停車。
原宿~代々木間で倒木があり撤去のため止まってるとのこと。

倒木て。。。

しかし何とか30分遅れで神宮スケートリンクに到着。

「スキーはやりたいけどスケートは細いでしょ?
だから僕は応援だけするね」と言ってたカケルだが
あれよあれよと貸靴履いてトコトコと軽い気持ちでリンクに向かう始末。

危ねーな、と後着いていき、滑った息子をキャッチ。

氷がとても滑ると知った瞬間だったようだ。

私が後ろ向きでカケルの両手つかんで滑ろうとしたが
カケルに無駄なチカラが入りすぎて5m滑っただけで私、汗だく。

リコがかなりちゃんと滑れたのでカケルの片手持ってもらい
私がもう片方を持ち、3人で滑ることにした。

最初はチカラが入ったり、前に後ろに重心がブレていたが
3周回ったらずいぶんと自重で滑れる感じになってきた。
素晴らしいバランス感覚!

小一時間滑り、端っこで自主練もし、ちょっとだけ一人で滑れるようになった。
両端に大人がいたら相当なスケーティングが、しかも片足でも!できたりした。

私はスケート国体選手の父にスパルタで教わったのでスケートはそれなりにできる。
最後には私一人とカケルの手つなぎでも滑れるほどに。

夫が「楽しそう。俺も入れて」と入ってきた(笑)
最後は親子で滑り大満足な初スケートとなった。
541742_4168828790260_213382138_n.jpg
リンクを出た17時ごろ、外はとんでもない雪景色となっていた。
そこいらに乗り捨ててある車・・・
でもって総武線止まってて大江戸線利用。代々木で飲んで帰宅。
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:育児

nice! 0

コメント 2

先輩

子供は飲み込みが早いよね!
重心も低いし。早めにやったほうがあっという間に上達するね。
でもそれはやっちゃんがちゃんと滑れるからだね。
私なんて、ずっと手すりにつかまって周回してるんで、子供助けるどころじゃないよ(^^;
by 先輩 (2013-01-26 10:30) 

おれんじ

◆先輩
重心低いし体重軽くて体が柔らかい。
スポーツの多くは小さい時からやらせるに限るね。
カケルの場合は「怖がらない」というのも上達のポイントかな。
その点、ミカちゃん怖がりだし(^^;
by おれんじ (2013-01-26 11:09) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る