So-net無料ブログ作成

小田和正ツアー2011「どーもどーも~その日が来るまで~」in代々木 [むふふふ]

そらもーいいお友達を持ったおかげで努力なしに小田さんから10m程度の良席!
センターコート(バレー用語)ネットのラインに小田さんの花道があり
主審から見た右側コート、バックセンターのポジション、という場所。
センターコート立ってるだけで感動だというのに小田さんの姿とその変わらぬ美声。
ホント、最初から震えましたゼ。

ここからネタバレな内容もあるので今からコンサート行こうとしている方は見ないでください。




最近の定番、ご当地ビデオが流れ小田さん登場。
♪明日きっとまたここでその笑顔に会いたいから♪最初からハート鷲掴み。
最近の曲ももちろん大好きだがやっぱり古い曲はじーーーんとなるもので。

ガットギターで小田さんが歌う。
「ひとりで生きていければ」~「I LOVE YOU」
映像は若かりし頃の小田さんが大間ジローさんとふざけてる。
歌ってる本人は右90度の方向、映像は目の前首を上に傾けたところ。
おちおち本人だけ見てたら大事なビデオ見逃しちゃう。もー忙しい。

「めぐる季節」を聞きながら何故か垂玉温泉「山口旅館」の中居さん思い出していた。
そしたらズバリきたよ「水曜日の午後」のけぞったよ。
←このネタsumiちゃんだけしか分からないけどいいの。

そして懐メロ最後は「少年のように」で締めくくり。
帰り道、自転車こぎながら大声で歌ったよ♪その手を~差しのべてみれば~♪

懐メロコーナー以外にもチラホラと古い曲といってもメジャー曲ばかりだたけど
やっぱり歌詞見ないでも一緒に歌える時代の歌が嬉しかったな。

アリーナには4箇所、歌詞が流れている。
見ればカラオケみたいに歌えるのだがそれ見てると小田さん見逃しちゃうから
そんな見てられない。やっぱりソラで覚えてる歌が嬉しいわけね。
で、あの歌詞ボード、もしかして小田さんのため?などと勘繰ったが
何度も歌詞間違ってたので決してそういうわけのものではないのね(^^;

2回目のアンコールの時、私の隣席sumiちゃん夫が時計を見たので
「何時?」と聞いたら「9時半過ぎてる」って。すげーな小田さんの体力。
結局後半走ってたし。

久しぶりの「いつもいつも」を聞いてこれで終わりか「生まれ来る」聞きたかったな
と思ってたらなんと3回めのアンコール。

で。「生まれ来るこどもたちのために」希望通りの。
感激した。

何度も涙流れた。
小田さんありがとう。
同じ言語で歌ってくれてありがとう。
同じ時代に生まれていてくれてありがとう。

sumiちゃんチケットありがとう。
夫、カケル見るため早く帰ってきてくれてありがとう。

しばらく小田さんの興奮醒めぬまま生きていきます[ぴかぴか(新しい)]



どうでもいい追記。
曲中、皆さん手拍子するけど実は私はそれが好きじゃない。
自然に気持ちが動いて身体が揺れるならわかるけど
手拍子してると曲に集中できないんだよね。
だから適当てか手抜きで手拍子してたんだけど
隣りのsumiちゃん夫が何だかすごーく一所懸命手拍子してるのに気づいた。
「あれーこんなに一所懸命にしてるんだ。そんなキャラと思わなかったけど。
じゃー私もしないと悪いかなー」とさっきまで殆ど音の鳴らない手拍子してたの
にちょっと頑張ることにしてみた。
アンコールの時もすごい頑張って手拍子するsumiちゃん夫。
で、気づいた。
187cmのその彼の手拍子。私の耳のすぐそばなんだよね。
どうりで大音量に聞こえたわけだ[あせあせ(飛び散る汗)]
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 2

sumibozu

喜んでいただけて、よかった。
旦那の手拍子が大きいのは、手の大きさとも関係があると思われ。
でも、私もアンコールとか結構休んじゃう派だったんだけど
一生懸命叩いてて、えらいなーと思うことはある。

懐メロメドレー、いいよね~
もちろん、全曲カラオケ状態。
少年のようにとか、ツボだよね~~~

ドームも、もしともちゃんが行かないって言ったら、
ご一緒しましょう(笑)。
by sumibozu (2011-08-22 12:23) 

おれんじ

◆sumiちゃん
で、懐メロ時代のオフコース聞いてみたんだけど
声が若いねー。当たり前なんだけど。
でもすごいのは今の小田さんの声の方が通るってこと!
どんだけトレーニングしてるんだか。

ドーム話、喜びすぎないように平常心でお待ちしています(^^)
by おれんじ (2011-08-29 10:46) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る